FC2ブログ
国分とらや社長ブログ
プロフィール

国分とらや社長

Author:国分とらや社長
百二十年の伝統で受継ぎ真心と信頼で鹿児島県民に愛され、広く全国に親しまれている企業です。此の地ならではの、そして「国分とらや」ならではの、薩摩銘菓を創り続ける所存でございます。

オンラインショップはこちらから。
http://www.kokubutoraya.com/ogozyo/



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



鹿児島神宮の六月灯
昨日は鹿児島神宮の六月灯でした。子供達がつくった灯籠が夜の鹿児島神宮を更に引き立てていま

した。出店が並び、私の子供達も大はしゃぎ。9時を過ぎる頃、鹿児島神宮の境内に花火があがり、

とっても、ほのぼのとした気持ちになりました。


六月灯を調べてみると、
 鹿児島では7月に入ると神社やお寺で夏の風物詩ともいえる「六月灯」が県内各地で始まる。この「六月灯」の始まりは,島津19代藩主久光候が新昌院(現新照院町)の上山寺の観音堂を再建した折,旧暦6月18日に沿道に燈籠を掲げ道の明かりにしたのが始まりといわれている。一方,異説もあり,全国的にある神社への献灯の習慣,あるいは,種子油を神社に献じて人馬の無病息災と病害虫の根絶を祈った「お灯明あげ」が始まりという説もあり定かでない。 
と書いていました。

スポンサーサイト